快適な睡眠を得れるソファベッド

昔はソファベッドといえば高級な家具というイメージがありました。なぜならお客様をお迎えするための応接間などに置かれることが多かったからでしょう。そして応接間があるお宅はお金持ちのイメージが根付いているからでしょう。

そして今はソファやソファベッドと言えばくつろぎの空間、おしゃれなインテリといったイメージじゃないでしょうか。ずいぶんソファベッドも日本人のなかに定着して、当たり前の家具として多くのご家庭、あるいは一人暮らしの方に使われています。ソファベッドで快眠を取って居る方多いのではないでしょうか?

そんなソファベッドもいくつかタイプがありまして、どんなタイプで快眠出来るのかは、それぞれの人のライフスタイルによって快眠の得られ方が違っています。快適な座り心地、快適な睡眠と良いとこ取りのソファベッドについて解説。

ソファベッドと言えば、その名の通りソファがベッドを兼ねた家具。ソファとしても使えるし、リクライニングなどを倒せばベッドになるという二つの機能を兼ね備えている家具。引き出すタイプのソファベッドもあります。

ソファベッドを必要とする方はどういう考えからでしょうか?快眠を得るためでしょうか?それともスペースの問題から?ソファベッドを選択するようです。ベッドを置いてもスペースが必要ですし、ソファも必要です。そしてベッドはソファよりも必要な家具ですが、ソファでも快眠したい、でも両方おく程スペースはないという一人暮らしの方によくつかわれます。

来客が来たときにソファにして座ってもらたり、逆に普段ソファとして使うことが多ければ、来客用の快眠ベッドとして使ったりと、一台で二役の機能があることが助かります。客に快眠を取ってもらえれば良いので、こういった場合は非常に頼りになります。

ただ毎日のようにソファにしてベッドにしてと使用していると、壊れやすく、寿命が短いのが難点です。ベッドとして使用する率が多ければ寝心地は良く快眠も得れるでしょう。。それにソファベッドといっても布団やマットレスが必要ですから、ソファにしたときに布団を収納する場所もあった方が良いでしょう。

マットレスをうまく活用すれば、容易に快眠を得ることが可能となるでしょう。それだけ快眠は寝心地1つで変わってくるもの。ソファの上に布団があったり、ソファベッドなのに万年床だったらなんの為のソファベッドか分かりません。快適な睡眠とは程遠くなるでしょう。逆にそういった管理が出来る人であれば、ソファベッドでも快眠を得ることは出来るはず。

ソファベッドの魅力を理解しよう

ソファベッドとはソファとベッドが組み合わせられたインテリア家具です。昼間はソファとしてくつろいで夜になる時にベッドとして使用し快眠を得ることも出来ます。

そしてあまり広くない一人暮らしの方の部屋などでソファベッドを使われる方も多いのでは?ソファでくつろいでテレビをみたい、でも部屋がせまくておくスペースがないなどということは良くある事です。機能面からの快適さから、睡眠時に何も考えなくて澄むので快眠を送ることもできます。

スペースの有効利用の為に生まれたインテリア家具ですね。またリビングで使用する際に、来客が泊っていく事になった場合、特別な部屋がないという家庭ではリビングのソファがベッドになれば泊めて差し上げることができます。もちろん普段使いで、横になってくつろぎたいなんていう時もリクライニングあるいはフラットにして使用し、自分だけの時間を贅沢に使い快眠してもOK。

職場でもソファベッドは大活躍します。普段は応接室や休憩室のようにソファとして使用しますが、会社に泊まらなければならないような場合にベッドとして使用してもいいですよね。普通にそふぁで寝るよりずっと快眠出来ることでしょう。

このようにソファベッドは一種の機能性製品だと見れば良いのです。ベッド機能、ソファ機能を両方兼ね備えたインテリア家具なのでしょう。 やはり専用機より良い複合機はないと言うように、寝心地を考えたベッドよりは劣るかもしれません。ですが空間効率を考えるならば明らかにメリットはある製品だと思います。革張りのソファに寝ることを考えたら、ソファベッドで寝るほうがずっと快眠を取れます。

大部分のソファベッドはベッドで使用時に中間の部分が分かれています。理由はソファ使用時に折りたたまれなければならない部分が必ずなければならないためです。この部分が若干の屈曲があって平坦でないこともあるので、寝心地に影響するのです。

ベッドで使用する時にクッションを補強することができるソファベッドなら、使用中に格別問題があるわけではありません。こういうタイプであれば快眠を得ることももちろん可能。

一人で暮らすシングル族は色々な生活用品を揃える必要はありません。特に体積をたくさん占めるソファとベッドは活用度が高い製品で一人暮らしでもどちらかは最低でも揃えるインテリアです。そんな一人暮らしの人がベッドとソファを両方買わなくてもいいように、お勧めのソファベッドがあります。 一見ソファ形をしていますが、夜になればベッドで使用できて空間活用しやすいのです。

3段ギアを内蔵して角度調節が便利で鉄製フレームとゴムパッキングを付けているので安定感があって寝心地は悪くはありません。一人で暮らしていればまた引っ越しをする場合もあるでしょうし部屋も広くはないでしょう。ですからソファベッドは空間が広く使えますから人気があります。

もちろん一人暮らしではなくて、家族を持っているご家庭でもソファベッドは便利です。少しは部屋数が多くなるかもしれませんが、子供部屋や夫婦の寝室などで、そこまで空いている部屋はありません。ご実家のご両親などが泊りに来てもゆっくり寝る場所もなければ申し訳ありませんよね。

そんな時はリビングのソファがベッドになるのはどうでしょう。意外と快眠に寝てくれるかもしれませんよ。毎日使う訳ではありませんので、臨時ベッドとして利用することができます。

ですがリビングなどに置くソファベッドは大型ですのでソファとして使用した時に背もたれが後ろすぎる場合があります。クッションなどを背中側に使用しなければ使いつらいかもしれません。ですから事実一般ソファよりはちょっと不便です。

クッションを背中側にたくさん備えてご使用になるならばそれなりに使えそうですね。ベッドに変換した時ももちろんベッドよりはちょっと不便だが普通には使えそうです。事実お客さんが訪問することになる場合を考えて備えてもまったく問題ないでしょう。

ソファベッドも種類ごとに大きく違うので、まず行って座ってみて比べてみてください。 自分達が一番気に入って気楽なソファベッドが一番よい選択だと思います。ソファとしてはとても便利だけど、ベッドで使うにはちょっと不便なソファベッドもあります。

座るクッションの下で1/3で折りたたまれたメタルフレームがかかっているのにこれのためにソファの重さがものすごくてベッド変更時に不便です。快眠には遠くなりますね。1/3で折りたたまれた部分にクッションというには薄いスポンジがマットの役割をするが、横になってみればマットレスが薄い感じがして、折りたたまれたフレームのために平たく感じられなくて不便です。これも快眠を得るためにはマイナスポイント。

厚いふとんを別にお買いになって床に敷いておやすみになるのがさらに気楽だと思います。ソファ機能や形よりベッドの機能がさらに充実させたければまったく別スタイルで全体が繋がっているソファも売り場行って一度使用してみて下さい。

やはりソファベッドは基本ソファですから、寝心地を追及するならばベッドや布団に寝るのが快眠への近道ではあります。そしてソファベッドはソファがベッドにならなければなりませんから、デザインに規制があるということがあります。

お洒落なデザインを追及したければ、ソファベッドではなく、ソファを購入したほうが良いでしょう。ソファはインテリアの中心ですから妥協したくないと言う人もいるでしょうね。上手に活用し快眠生活を送ってください。


おすすめWEBサイト 5選

イエプラ